So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

iAmapche 1.2 で日本語が?に [Ampache]

[iAmpache]
http://iampache.com/

iPhone で Ampache からストリーミングができる素晴らしいアプリなのですが、
バージョン1.2 では、日本語がすべて?になってしまいます。

開発元に連絡をして文字コードのUTF-8対応をお願いしたのですが、
次期バージョンがなかなかリリースされません。ぅぅ。

と、くやしさ紛れに iPhone から Ampache のプレイリストの再生をはじめたら、
m3uファイルを認識して、画面は safari のままですが再生がはじまりました。
iOS3 の時は無反応だったような気がするのですが。。。(現在iOS4.2)
ただ画面が safari のままなのでスキップも停止もできませんので実用的はありませんね。



Ampache 3.6 alpha1 に更新してみた [Ampache]

久々にBlog更新。

Ampache 3.6 alpha1 を Ubuntu 11.04 にセットアップしました。

mp3タグは IDv2 の UTF-8/16 なら日本語大丈夫ですね。

唯一、Ver3.3.2 から変わっていなかったのが、

ZIPバッチダウンロードを有効している場合、MSIEでZIPファイルの日本語が化ける問題。

前回は、MSIE限定で対処していたので、

今回はMSIEの判定をいれて恒久的に対処。

ampache/batch.php
96行目
---------------------------------------------------------
} // action switch

// 追加
$Agent = getenv( "HTTP_USER_AGENT" );
if( ereg( "MSIE", $Agent ) ){
$name = rawurlencode($name);
}


// Take whatever we've got and send the zip
---------------------------------------------------------



WMWifiRouter Ver1.01 リリース [WMWifiRouter]

WMWifiRouter Ver1.01 がリリースされました。
http://www.wmwifirouter.com/

WMWR.JPG

Ver1.01にて、em1ics helper と同じ機能が実装されました。
EM-ONE / EM-ONEα / Advanced W-ZERO3[es] で起動した場合は、
ICS(インターネット共有)の機能を有効にする為に、
phone機能関連の下記設定を行います。
(Advanced W-ZERO3[es] は、ICSInstall.CAB が必要。要メンバー登録。)

・phone関連のレジストリ追加
・mscprog関連のレジストリ追加
・wmwr_cprog.exeをwindowsディレクトリにコピー
 (各レジストリを設定する&MSCprogのエラーメッセージ回避の為)

WMWR_EM1.JPG

設定されるとタイトルバーにMS純正アンテナアイコンが表示されます。

また内蔵ワイヤレスLANが認識できない場合は、
警告画面がでるようになりました。

WMWR_WARN.JPG

この画面の状態で内蔵ワイヤレスLANの電源をONにして、
[Check again] をタップすれば、再度WLANデバイスを確認します。
[Ignore]をタップすると強制的にWMWifiRouterが起動します。
(レジストリを復旧させる為にClash cleanupを行う場合等)
WLANデバイスが認識できないまま、WMWifiRouterを使用すると
レジストリが破壊される事がありますのでご注意下さい。

その他はバグフィックスとトラフィックモニターを搭載したようです。

---------------------------------
em1ics helper Ver0.01 をお使いの方へ

em1ics helper のアンインストールがうまくできないようです。
そのまま WMWifiRouter Ver1.01 をインストールして頂いても大丈夫ですが、
手動で削除する場合は、
・\Windows\cprog.exe
・\Windows\スタートアップ\em1ics helper.lnk
・\Windows\スタート メニュー\インターネット共有.lnk
上記のファイルを削除して下さい。



WMWifiRouter Ver1.00 リリース [WMWifiRouter]

2008/04/02 WMWifiRouter Ver1.01 にてem1ics helperの機能が取り込まれました。
-------------------------------------

WMWifiRouter Ver1.00 がリリースされました。
EM-ONEαでも問題ないようです。

WMWifiRouter を EM-ONE / EM-ONEα で使用する場合は
下記の点に注意する必要があります。

レジストリ HKEY_LOCAL_MACHINE\System\State\Phone\Status = A0 を設定する

 WMWifiRouter は ICS(インターネット共有)の機能を使用するので、
 上記レジストリを設定することにより WM6 Classic でICSが稼動できるようにします。
 設定をするとタイトルバーにMS純正のアンテナアイコンが表示されます。
 レジストリ操作がよくわからない場合や、MSCprogのエラーメッセージを回避したい場合は、
 上記設定等を行う em1ics helper Ver0.01 インストールするとよいかもしれません。

・WMWifiRouter を起動する前に、内蔵ワイヤレスLANをONにしておく

 内蔵ワイヤレスLANがOFFのまま、WMWifiRouterを起動すると
 WLANデバイスが不明(空)の状態になってしまいます。
 そのまま connect してしまうと、レジストリが破壊されワイヤレスLANの動作がおかしくなります。
 現在、復旧手段がみつからない為、直すにはフォーマットをする必要があります。
 (WLANデバイスが見つからない場合は、稼動しない様になるといいのですが。。。)



GSPlayer on EM-ONEα [EM-ONE]

PocketPC(TOSHIBA/GENIO)の時代から愛用していたミュージックプレイヤーであるGSPlayer。

> GSPlayer (作者Y.Nagamidori氏)

EM-ONEαでは曲の終わりで止まってしまい、次の曲に進まない症状が発生。
オプションをいろいろ設定してみたらうまく動きました。

> 「設定 - デコーダ - 出力デバイスを常に開く(ノイズ低減)」 にチェックをいれる

以上で問題なく次の曲へ進んでくれました。(MP3のみチェック)
EM-ONEαって微妙に他のWM機と違うみたいですねぇ。



WMWifiRouter 0.97 EM-ONEでエラー [WMWifiRouter]

WMWifiRouter 0.97 Trial がリリースされましたが、
EM-ONE(α)でconnectする際に下記エラーがでて、使用できません。

--------------------------
[Error]
An unhandled exception occurred at $0003475C :
EAccessViolation : Access violation
$0003475C
$00034B2C
$0003865C
$0002E2A4
$F000FFFC
$0001ED08
$0001F448
$000119DC
--------------------------

念の為、EM-ONEα 2.02a をフォーマット後、
HKEY_LOCAL_MACHINE\System\State\Phone\Status = A0 のみ設定して、
WMWifiRouter 0.97 Trial をインストールしてみましたが、状況変わらず。
早く改善してくれるといいのですが。。。



SDカードスロットをつけてみた [EM-ONE]

EM-ONEαの大容量バッテリは高さがあるので、専用の蓋がついてきます。
ですが本体左側のバッテリが無い部分は上げ底となってしまい、
非常にもったいない感じがします。
(Linux Zaurusも同じ構造だったなぁ。シャープのお決まりなんでしょうかね。)

そこで有効活用できないものかと、SDカードスロットをつけてみました。
MiniSDMicroSDより安価なSDカードが利用できるようになります。

CA390009.JPG

MicroSD→MiniSDアダプタを分解し、SDカードスロットへ配線しただけです。

CA390007.JPG

CA390008.JPG

EM-ONEαのMiniSDスロットの蓋にはちょうど隙間があるので、ワイヤーが通せました。

問題点としては、SDカードの抜き差しについてはEM-ONEα本体に通知できないので、
電源OFF(サスペンド)の状態で抜き差しをする必要がある点と、
ワイヤーで延長している為か、SDカードによって不安定(認識しない)な点でしょうか。
(手持ちの古い1GB SDカードはダメでしたが、最近買った4GB SDHCカードは大丈夫でした。消費電力の違い?)

16GB SDHC も8000円程度で購入できるようなので、近日中に試してみたいです。

追記:2008-03-16

A-DATA 16GB SDHC を購入、認識しました。(SDHC.777.cab使用)
SDカードの抜き差しに関しては、ファイルキャッシュをONにしているとファイル名が同じでファイルが更新された場合、
認識されない場合があるので、再起動かUSBマスストレージモードで認識させる必要があります。



WMWifiRouter + Lafonera(DD-WRT) = モバイルアクセスポイント [WMWifiRouter]

WMWifiRouter 0.96 TRIAL を新しくインストールしてチェックをしていたのですが、
オプションメニューに Force ad-hoc only と見慣れない項目があったのでテストしたところ、
以前はadhoc接続専用だったのがオプションで設定可能になったようです。

そこでadhoc接続ができない PSP / NintendoDS や、無線LANが使用できない機器を
WMWifiRouter 経由で繋ぐことができないか試してみました。

EM-ONEα自体はアクセスポイントになる事はできないので、
コンパクトサイズの Lafonera にDD-WRTをインストールして、
EM-ONEαと各クライアントルーティングをさせてみました。

080306_0117~0001.jpg

Lafonera には有線LANポートもあるので、
有線LANで繋ぐことも可能です。(イーサネットコンバーターもどき)
(写真では無線にてPSP/DS、有線にてノートPCを同時に接続しているところです)

Lafoneraは5Vで動いているので、USB給電できるモバイルバッテリと
カモン DC-5525のUSB(A)→DC(外径5.5mm/内径2.5mm)等のケーブルを使えば
AC電源が確保できなくても一応稼動できるかと。

Lafoneraは通常1,980円で販売しているので、hackする手間はありますが
コストパフォーマンスは非常に高いかと思います。

+++ Lafonera(DD-WRT)設定 +++

LafoneraにDD-WRT v24 (RC-3以降推奨)をインストールして下記設定を行う。

Setup - Basic Setup - Network Setup
Router IP > [192.168.3.2]
Setup - Basic Setup - Network Address Server Settings (DHCP)
DHCP Type > DHCP Forwader
DHCP Server > 192.168.3.1

Setup - Advanced Routing
Operating Mode > RIP2 Router

Security
Firewall ProtectionSPI Firewall > Disable

Wireless - Basic Settings
Wireless Mode > AP
SSID > [任意]
Wireless - Wireless Security
Security Mode > [任意]

+++ 接続手順 +++

1.EM-ONEαのワイヤレスネットワークの構成にてLafonera(DD-WRT)へ接続済みにしておく。
2.WMWifiRouter Ver0.96 TRIAL を起動して Force ad-hoc only のチェックを外す。
3.WMWifiRouter でconnectする
4.クライアントをLafonera(DD-WRT)へ接続する

adhoc接続に戻すにはForce ad-hoc only のチェックをいれるだけで大丈夫のようです。



WMWifiRouter で内蔵ワイヤレスLANが動かなくなる条件 [EM-ONE]

EM-ONEαの内蔵ワイヤレスLANの挙動がおかしくなる条件として
手持ちの環境で試したところでは、

1.WMWifiRouter を起動する際に、内蔵ワイヤレスLANがOFFになっている
2.その後、WMWifiRouter を起動したまま内蔵ワイヤレスLANをONにする
3.そのまま connect してしまう

この手順をやってしまうと内蔵ワイヤレスLANの挙動がおかしくなるようです。
(他にも条件があるかもしれませんが。。。)

+++ 2008/3/5 再訂正 +++

下記レジストリが怪しい様ですが、完全復旧にはいまだ至りません。
(レジストリを変にいじったところキーボードが効かなくなったり、MSワイヤレスマネージャーが動かなくなったり。。。)
[HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\Power\State] "{98C5250D-C29A-4985-AE5F-AFE5367E5006}\GSPI86861"=dword:00000000

なにはともあれ WMWifiRouter を使用する前には内蔵ワイヤレスLANを確実にONにした方がよいです。



WMWifiRouter 使用時の内蔵ワイヤレスLANの挙動 [EM-ONE]

EM-ONEαで WMWifiRouter を使用すると内蔵ワイヤレスLANの挙動がおかしいようです。

EM-ONEαのワイヤレスマネージャーシャープ謹製のものが使用されています。
そこでMS純正のワイヤレスマネージャー(Windowsフォルダ内のwrlsmgr.exe)を
起動させて内蔵ワイヤレスLANの動作を調べてみました。
(内蔵ワイヤレスLANの切替はキーボードから Fn+1 で行いました)

1.内蔵ワイヤレスLAN ON
 ↓
2.内蔵ワイヤレスLAN OFF(MSワイヤレスマネージャー非表示)
 ↓(15秒程度かかる時がある)
3.内蔵ワイヤレスLAN OFF(MSワイヤレスマネージャー表示)
 ↓
 戻る

シャープのワイヤレスマネージャーのGUIから操作を行うと
ONにしたのに3の状態になり復帰できない場合があるようです。
また2から3へ時に15秒程度かかる場合があるので
内蔵ワイヤレスLANが反応しないように感じる時があります。
とりあえずの回避策としては、

・シャープのワイヤレスマネージャーでは内蔵ワイヤレスLANはONにしておく。
・内蔵ワイヤレスLAN のON/OFFはMS純正のワイヤレスマネージャーで行う。

もしくは
・ Fn+1 を1回多く押す。

WM6 Classic のデバイスは電話関連アプリが独自実装となっているので、
不整合がおきているみたいです。
WMWifiRouter が設定しているレジストリを調査して復旧手段を探せればいいのですが。



前の10件 | -

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]
メッセージを送る


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。