So-net無料ブログ作成
検索選択

GSPlayer on EM-ONEα [EM-ONE]

PocketPC(TOSHIBA/GENIO)の時代から愛用していたミュージックプレイヤーであるGSPlayer。

> GSPlayer (作者Y.Nagamidori氏)

EM-ONEαでは曲の終わりで止まってしまい、次の曲に進まない症状が発生。
オプションをいろいろ設定してみたらうまく動きました。

> 「設定 - デコーダ - 出力デバイスを常に開く(ノイズ低減)」 にチェックをいれる

以上で問題なく次の曲へ進んでくれました。(MP3のみチェック)
EM-ONEαって微妙に他のWM機と違うみたいですねぇ。



SDカードスロットをつけてみた [EM-ONE]

EM-ONEαの大容量バッテリは高さがあるので、専用の蓋がついてきます。
ですが本体左側のバッテリが無い部分は上げ底となってしまい、
非常にもったいない感じがします。
(Linux Zaurusも同じ構造だったなぁ。シャープのお決まりなんでしょうかね。)

そこで有効活用できないものかと、SDカードスロットをつけてみました。
MiniSDMicroSDより安価なSDカードが利用できるようになります。

CA390009.JPG

MicroSD→MiniSDアダプタを分解し、SDカードスロットへ配線しただけです。

CA390007.JPG

CA390008.JPG

EM-ONEαのMiniSDスロットの蓋にはちょうど隙間があるので、ワイヤーが通せました。

問題点としては、SDカードの抜き差しについてはEM-ONEα本体に通知できないので、
電源OFF(サスペンド)の状態で抜き差しをする必要がある点と、
ワイヤーで延長している為か、SDカードによって不安定(認識しない)な点でしょうか。
(手持ちの古い1GB SDカードはダメでしたが、最近買った4GB SDHCカードは大丈夫でした。消費電力の違い?)

16GB SDHC も8000円程度で購入できるようなので、近日中に試してみたいです。

追記:2008-03-16

A-DATA 16GB SDHC を購入、認識しました。(SDHC.777.cab使用)
SDカードの抜き差しに関しては、ファイルキャッシュをONにしているとファイル名が同じでファイルが更新された場合、
認識されない場合があるので、再起動かUSBマスストレージモードで認識させる必要があります。



WMWifiRouter で内蔵ワイヤレスLANが動かなくなる条件 [EM-ONE]

EM-ONEαの内蔵ワイヤレスLANの挙動がおかしくなる条件として
手持ちの環境で試したところでは、

1.WMWifiRouter を起動する際に、内蔵ワイヤレスLANがOFFになっている
2.その後、WMWifiRouter を起動したまま内蔵ワイヤレスLANをONにする
3.そのまま connect してしまう

この手順をやってしまうと内蔵ワイヤレスLANの挙動がおかしくなるようです。
(他にも条件があるかもしれませんが。。。)

+++ 2008/3/5 再訂正 +++

下記レジストリが怪しい様ですが、完全復旧にはいまだ至りません。
(レジストリを変にいじったところキーボードが効かなくなったり、MSワイヤレスマネージャーが動かなくなったり。。。)
[HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\Power\State] "{98C5250D-C29A-4985-AE5F-AFE5367E5006}\GSPI86861"=dword:00000000

なにはともあれ WMWifiRouter を使用する前には内蔵ワイヤレスLANを確実にONにした方がよいです。



WMWifiRouter 使用時の内蔵ワイヤレスLANの挙動 [EM-ONE]

EM-ONEαで WMWifiRouter を使用すると内蔵ワイヤレスLANの挙動がおかしいようです。

EM-ONEαのワイヤレスマネージャーシャープ謹製のものが使用されています。
そこでMS純正のワイヤレスマネージャー(Windowsフォルダ内のwrlsmgr.exe)を
起動させて内蔵ワイヤレスLANの動作を調べてみました。
(内蔵ワイヤレスLANの切替はキーボードから Fn+1 で行いました)

1.内蔵ワイヤレスLAN ON
 ↓
2.内蔵ワイヤレスLAN OFF(MSワイヤレスマネージャー非表示)
 ↓(15秒程度かかる時がある)
3.内蔵ワイヤレスLAN OFF(MSワイヤレスマネージャー表示)
 ↓
 戻る

シャープのワイヤレスマネージャーのGUIから操作を行うと
ONにしたのに3の状態になり復帰できない場合があるようです。
また2から3へ時に15秒程度かかる場合があるので
内蔵ワイヤレスLANが反応しないように感じる時があります。
とりあえずの回避策としては、

・シャープのワイヤレスマネージャーでは内蔵ワイヤレスLANはONにしておく。
・内蔵ワイヤレスLAN のON/OFFはMS純正のワイヤレスマネージャーで行う。

もしくは
・ Fn+1 を1回多く押す。

WM6 Classic のデバイスは電話関連アプリが独自実装となっているので、
不整合がおきているみたいです。
WMWifiRouter が設定しているレジストリを調査して復旧手段を探せればいいのですが。



em1ics helper Ver0.01 [EM-ONE]

2008/04/02 WMWifiRouter Ver1.01に機能が取り込まれましたので公開を停止します。

またem1ics helperのアンインストールがうまくいかないようです。
そのまま WMWifiRouter Ver1.01 をインストールして頂いても大丈夫ですが、
手動で削除する場合は、
・\Windows\cprog.exe
・\Windows\スタートアップ\em1ics helper.lnk
・\Windows\スタート メニュー\インターネット共有.lnk
上記のファイルを削除して下さい。

-----------------------------------------------

EM-ONEαで ICS / WMWifiRouter を、誰でも気軽に使用できるように
事前の各種設定を行うヘルパーアプリケーションを作成してみました。

em1ics helper Ver0.01


インストールをすると下記設定を行います。

・プログラムメニューにICS(インターネット共有)のアイコンを作成
・phone関連のレジストリ設定
・mscprog関連のレジストリ追加
・ダミーのcprog.exeをwindowsディレクトリに作成
・スタートアップにcprog.exeを登録
(ダミーcprog.exeは、HKLM\System\State\Phone\Status 0xa0 を設定するプログラムです)

尚、インストールをするとタスクバーにMS純正アンテナアイコンが表示されてしまいます。
(現在、ICSの機能を使用する為には回避できません。)

アンインストールは、[設定 - プログラムの削除]から削除を行った後、再起動が必要です。
(該当レジストリが削除され、MS純正アンテナアイコンも表示されなくなります。)

動作確認はEM-ONEα 2.01a / 2.02a で行っております。

これで再起動後もレジストリの設定が自動で行われ、
mscprog関連のエラーメッセージも表示されないので、
気軽にICS / WMWifiRouterが使えるのではないでしょうか。

>> 動作報告あり
・EM-ONE(WM5)
・Advanced W-ZERO3[es] (要ICSInstall.CAB)



ICS on EM-ONEα [EM-ONE]

WMWifiRouter を動かす事はできましたが、
ad-hoc通信限定なので無線LANのAPとか繋げないかと模索。

まずはICS単体でテストしてみる。
EM-ONEαのICSを単体で動かすと、約10分後に切断してしまう。
無通信タイマーが効いているようだ。
WMWifiRotuer動作中は切断されないので、どこかに設定があるかなーと
WMWifiRotuer導入前と後でレジストリを比較してみる。
WMWifiRotuer動作中にそれらしき値が。

> [HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\InternetSharing]
> "HostConnectTimeout"=dword:7fffffff

ICSを起動していない状態(もしくは再起動)で上記レジストリを設定後、
ICSで接続すると10分経過しても切断されなくなった。

次にプライベートネットワーク側の変更をしてみる。
ICSでBluetooth PANに設定して接続中にレジストリをみると、

> [HKEY_LOCAL_MACHINE\Comm\ConnectionSharing]
> "PrivateInterface"="BTPAN1"

と設定されている。
WMWifiRotuer では無線LANアダプタのGSPI86861に書き換えているようなので、
ICSを稼動させたまま、有線LANアダプタに書き換えてみる。(Buffalo LUA-KTX使用)

> "PrivateInterface"="RTL81501"

WMWifiRotuer と同じく、有線LANアダプタにIPアドレスを設定。
> IPアドレス = 192.168.1.1
> サブネット = 255.255.255.0
> ゲートウェイ = 192.168.1.1

その後、有線側にPCを接続するとDHCPでIPアドレスがとれました。
ICSでのネットへの接続もバッチリです。

これで無線をもたない機器でもe-mobile経由でネット接続ができました。
無線APを接続すればadhoc接続できないNDSやPSPも接続できます。
(PrivateInterfaceをGSPI8681に向ければ無線APだけでもいけるかな?)

ICSを切断をするとPrivateInterfaceの値は空になるので、
接続後に毎回PrivateInterfaceを設定する必要があるようです。
----------------------------------------------
intshare.dll をhackしてPrivateInterfaceをGSPI86861等に
固定したものがWMWiFiRouter関連でありました。
そのDLLファイル内の文字列をRTL81805に書き換えると
PrivateInterfaceがRTL81805に固定されました。
レジストリとファイル操作。。。どっちが楽かな。
----------------------------------------------



WMWifiRouter on EM-ONEα [EM-ONE]

2008/04/02 WMWifiRouter Ver1.01 にてEM-ONE対応となりました。 -------------------------------------

巷で噂の WMWifiRouter をEM-ONEαで使ってみたく、
いろいろ試してみた結果稼動させる事ができた。

WMWifiRouter の動作前提条件となるICSが
EM-ONEαにはファイルが存在するのにWM6 Classicでは稼動しない。
ICSで接続しようとすると、
> 接続できません。
> [電話が正しく設定されていること、サービスが利用できること・・・・・・やり直して下さい。]

なるほどWMWifiRouter の動作環境に [not Classic!] と書いてある訳だ。
だったらWM6 StandardとClassicの違いをなんとかできないかとレジストリを眺めてみる。。。

電話機能周りを眺めてみると、
> [HKEY_LOCAL_MACHINE\System\State\Phone]
> "Status"=dword:00000000

X02HT等、WM6 Standardはキャリアらしき値が入ってる。
(実際にはアンテナ状態でも変わりそう)
SoftBankらしき値をいれてみる。
> "Status"=dword:009000a0

ファイル ':MSCprog'を開けません・・・云々のメッセージとともに
WM6 Standard純正のアンテナアイコンがでてきた。
もしやと思い。。。 ICSを稼動させると。。。接続できました!
その後、WMWifiRouter 0.91も接続する事ができました。

ただしリセット等、再起動をするとレジストリの値が初期化されてしまうようです。
ちょっと面倒ですが、スタートアップにレジストリファイルでも登録しておけばよいかと。
W-ZERO3等他のWM6 Classicでも動きそうな感じですね。

---------------------------------------
追記:
[HKEY_LOCAL_MACHINE\System\State\Phone]の値は、
"Status"=dword:000000a0
にすると「電話:サービスは利用できません」と
EM-ONEっぽい表示内容なので個人的には A0 がよいかなと。
---------------------------------------
追記2:
・[HKLM\System\State\Phone\Status] ← 電話状態(回線種別+アンテナ状態)
・MSCprog ← 電話アプリ
電話アプリはEM-ONEにはないのでエラーメッセージ回避は難しそうです。
---------------------------------------
追記3:
レジストリ変更後のエラーメッセージ回避ができた。
[HKEY_LOCAL MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Shell\Rai\:MSCprog]
 "0"=MSCprog
 "1"=cprog.exe
上記レジストリを設定すると、cprog.exe をエラーメッセージを表示するタイミングで読みにいくので、
何も処理をしないダミーのcprog.exeをwindowsフォルダーに用意すればOK。
---------------------------------------
追記4:
WMWifiRouter を EM-ONEαで使用する場合は、
起動する前に内蔵ワイヤレスLANをONにしておく必要があります。
(無線LAN関係のレジストリが破壊される為。復旧にはフォーマットする必要あり)


2008/03/03
+++ これらのICS関連の設定を行うアプリケーションを作成しました。+++
em1ics helper v0.01
http://side-mountain.blog.so-net.ne.jp/2008-03-03





このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]
メッセージを送る


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。